Access

配電盤・分電盤・ケーブル・ラックの工事を福島県近隣へ

福島県一帯のプラント・発電所・変電所の安全稼働を陰で支える

どのプラント内においても、電気機器による自動化が進んでいないところは現代となっては存在しません。だからこそ、大規模設備新設のイニシャルコストがかかる一方で、人件費などのランニングコストの削減が長期的に見て実現が見込まれており、明治維新直後のような低賃金で多数の工場労働者が苦労してしまうといった事態もかなり少なくなってまいりました。しかしながらこの「電気」、扱いを一歩間違うと感電や稼働停止にもなりかねない、本来は大変扱いの難しいエネルギーです。

この電気エネルギーを専門知識がない方が気軽に扱い、プラント内部の機器へスムーズに電力を供給できる電気工事全般を整える仕事を請け負ってまいりました。事務所が福島県にあるため、特に近隣地域にあるプラント・発電所・変電所への出張が多い傾向が見られます。新規工事ともなれば、半年〜1年間の出張先での長期滞在も多々あり、ベテランスタッフ達は新しい環境への柔軟な対応力に秀でております。施工中の様々なイレギュラーな事態も想定しつつ、その場その場で臨機応変に施工してまいります。

複雑で雑多になりがちな盤と機器を繋ぐケーブルの整理に強みが

概要

会社名 有限会社三輝
住所 〒971-8151
福島県いわき市小名浜岡小名字住ケ谷85-3
電話番号

0246-38-5516

0246-38-5516

営業時間 9:00 〜 18:00

アクセス

日本産の配電盤・分電盤・動力盤・制御盤は、国土が狭い中での生活文化が根強いためか、盤の内部もスペースがほとんどないものが流通しています。限られたスペース内で、いかにケーブル類を綺麗にまとめ整理して収納するか、といった技術力に大きな強みがございます。十数年後、また改修・改造工事が必要になった際も、スムーズに施工が完了できるようなケーブル整理に尽力いたします。

ご希望の企業様には施工終了後のテスト稼働までを請け負います

プラント稼働に欠かせない電気一般工事全般を担当

お仕事をご依頼くださる企業様が所有するプラントや発電所によっても、電気一般工事における各種盤の種類・メーカーなどは千差万別です。国内メーカーが製造した盤の内部にびっしりとケーブル等が詰まったコンパクトな盤もあれば、海外メーカーが製造した程度スペースがあり、マイナスドライバーに対応のネジを使用している盤もございます。そしてこれらの配電盤・分電盤・動力盤・制御盤などといった各種の盤は、外壁塗装のような使用年数のようなものが定められていないケースが多々ございます。そのため、かなり老朽化していて危険であるにも関わらず、20年・30年と四半世紀もの長い間、大切に・大切に稼働し続けていることもあるでしょう。

しかしながら、電気というのは感電の恐れもある、大変危険なものです。そのため、配線工事においては国家資格である電気工事士を有する専門家でないと、担当できないよう法律で定められているのです。各種盤を繋いでいるケーブルが緩んでいたり、外装のゴムが硬くなって触っただけでポロポロ崩れ落ちたり、盤の内部が相当傷んでいたりなど、このようなことが想定される場合は、計装工事における改修をいわき市にて承ります。

「電気×機械×IT」を組み合わせた自動化は、近代のプラント・発電所・変電所の安定した稼働には必須のものであり、その高い生産性は日本国民の日常生活及び、企業の安定した経営を支えてまいりました。中でも火力発電所は日本の電気生産の要として長年活躍してくれた存在でもあります。その電気をいかに電気抵抗による漏電をカットするかを考慮した、変電所の存在もまた然りです。この発電関連の施設が安全に稼働しているため、現代日本においてパソコンをはじめとするIT機器は正常に稼働し、世界中の人達と瞬時に繋がるといったことも実現できております。
さらに、食費・化学・繊維・石油・環境などといった各種プラントも、企業の大量生産の基盤を支えている大変重要な施設です。仮にこれらのプラントで一斉に電気が使えなくなり、全て人力での生産を余儀なくされた場合の大幅な生産能力の低下と人件費の増大は、計り知れないでしょう。だからこそ、安全に稼働できるよう、配電盤やケーブル周りの定期メンテナンスをしっかり行い、必要に応じて工事をすることは、日本を守ることにも繋がると言っても過言ではございません。そのための計装工事一式を有限会社三輝では承っており、拠点のいわき市を中心とするエリアへベテランスタッフを派遣いたします。