Blog

いかに安心安全にプラント内の機器を稼働できるか

電気工事士でない方も普段気軽にできるメンテナンス法等を発信

国家資格である電気工事士がプラント内に常駐していて、毎日定期メンテナンスを欠かさず行うに越したことはありません。しかしながら、中にはそれが難しい企業様もいらっしゃいます。そこで、どのようなメンテナンスをすればより安心安全に長期的な稼働が見込めるか等、このような実用的な情報発信を行ってまいります。

メンテナンスをはじめ、更新・改修・改造のタイミングや時期の見分け方など、このようなリスクヘッジの取り方等についても、プロならではの意見をご紹介いたします。

  • 母成

    キャンツー

    2021/07/19
  • 教育

    現場教育風景

    2021/07/16
    現場では必要な教育を随時行って、安全に作業できるよう努めています写真の風景は詰所にて教育を行っている風景です。
  • ランチ

    土曜日のケンタッキー

    2021/07/12
    土曜日のお昼はケンタッキーのレッドホットチキン夏が来たーって思わせる、自分の中の風物詩程よい辛さでうまー早く梅雨開けないもんかなー

NEW

  • コロナワクチン

    query_builder 2021/10/06
  • キャンツー revenge

    query_builder 2021/08/03
  • キャンツー

    query_builder 2021/07/19
  • 現場教育風景

    query_builder 2021/07/16
  • 土曜日のケンタッキー

    query_builder 2021/07/12

CATEGORY

ARCHIVE

「電気エネルギー」はそのものが危険であり、本来は電気工事士でしか施工を行えない決まりになっています。しかしながら、電気工事士の専門業務の範囲外での定期メンテナンスまでなら、その資格を有さない従業員の皆様が日々行うこともできます。このような定期メンテナンスが、プラントの稼働を必要以上にストップさせることなく、円滑な経営に繋がってくるでしょう。

そこで、計装工事一式を行うスペシャリスト集団が、いわき市より情報発信を行ってまいります。無資格の方も気軽に行えるメンテナンス法、長期的なランニングコストの算出と新設する際のイニシャルコストの比較法、より配電盤を長持ちさせる方法など、このような可能な限り実用的な記事の執筆を、電気工事のプロが進めていきます。このようにして、企業様のプラント稼働をより安全なものにする一助となれましたら、嬉しい限りです。